勃起不全・勃起障害に効く薬

EDは先進諸国の男性人口のうち約1割が悩む疾患です。加齢に伴い増加する傾向で、日本でも40~50代男性の約半数がEDに悩んでいるという報告もあります。

そんなEDの治療法として最も有効なのが「投薬」なのですが、はじめて薬を服用する方の中には、「ちゃんと効果があるのだろうか?危険はないの?副作用の有無は?」など、不安を覚えたり疑問を感じたりすることが多いかと思います。

そこで当サイトでは、まずED治療薬の身体の中での反応を解説いたします。治療に使用される薬は、危険な怪しいクスリでは決してないことが理解していただけます。

その後、バイアグラ・レビトラ・シアリスの各治療薬の効果及び副作用についてをご紹介いたします。最後に、治療薬についてのQ&Aをまとめております。

効果があって副作用が全くないという薬は存在しません。しかし、副作用の事を頭の隅に留めておけば、「これは薬の副作用だな」と落ち着いて対処できるのではないでしょうか?自身の生活環境や体質に合う薬は、実際に試して比較してみないことにはわかりません。当サイトが、あなたに合ったED治療薬を探すお手伝いになれば本望です。

EDジェネリック薬品が通販で人気になっている理由

1999年のバイアグラの承認と共にED治療は目覚ましい変化をとげました。バイアグラの登場から約5年後に、より効果の早さ強さの期待できるレビトラ、続いてその約2年後に持続性に優れ比較的副作用の軽いシアリスの登場により、現在では3大ED治療薬のなかから自身に見合ったもを選べるようになりました。

バイアグラジェネリックであるカマグラゴールド 、レビトラジェネリックであるバリフはインドの製薬会社Ajanta Pharma社が製造しており、シアリスジェネリックのメガリスもインドのMacleods Pharmaceuticals社が製造しています。

2012年に特許切れを迎えるバイアグラを含めレビトラ、シアリス共にまだ特許期間を経過していないため正式にはジェネリックを製造することはできません。しかしインドでは、法律により成分特許は認められていないため、成分も効果への期待も同等である後発医薬品の製造が可能です。

また、インドの経済事情から価格設定が各段に安いため、服用に伴う負担の軽減を目的としてジェネリック薬品を購入することができる、通販(個人輸入代行)が人気を集めています。

EDには亜鉛

よくウナギ食べると精力つく、みたいなこと言われますけど、あれってあながち迷信でもないみたいですね。なんでも、ウナギには亜鉛が豊富に含まれていて、その亜鉛にはED改善効果があるのだとか。まぁ、それだけの効果得るためには、ウナギ毎日たくさん食べなくちゃいけないみたいですけど。

でも、亜鉛が良いなら、別にウナギに限ることはありませんよね。今調べてみたのですが、亜鉛が豊富に含まれている食材はまだありました。生ガキとか、豚レバーとか。でもそこまでメジャーな食材は入ってませんでしたね。それに、亜鉛って加熱処理すると効果が無くなってしまうみたいですから、やっぱりEDを改善したいなら亜鉛のサプリメントとか飲んだ方が早いのかな、と思ったのですが、普通の亜鉛サプリメントもあまり吸収率が良くないみたいです。一番良いのは、カキから亜鉛を摂取することらしく、今はそのカキから抽出した亜鉛で作ったサプリメントもあるそうです。カキのサプリメント…一体どんな感じなのでしょうか?後で通販サイトにでも行って調べてみます。

EDに効く栄養素は…

EDには、亜鉛という栄養が効くみたいですね。確かに、亜鉛が豊富と言われているウナギを食べると、精力増強効果が期待できると言いますからね。あれって本当だったんですね。てっきり「美味しいもの食べて暑い夏を乗り切ろう」って意味で、土用の丑の日にウナギ売るための商売文句とばかり思っていました。

ただ、その亜鉛は加熱処理や加工をしてしまうと効果が期待できないという、やっかいな栄養でもあるみたいです。加熱処理しちゃダメなら、厳密に言えばウナギの蒲焼とかもダメじゃないのでしょうか?ちなみに、一番良いのは、生牡蠣を食べることみたいで、今はそれから抽出した亜鉛を使った、ED治療サプリメントがあるそうです。こっちの方が断然効率的かつ経済的ですよね。生牡蠣なんて、年がら年中食べれるものじゃないし、値段も決して安いものではないので。そもそも調理方法も限られていますよね(私は牡蠣酢くらいしか思いつきませんでした)。でも結構身近にあるものなんですね、EDに効く食材って。

EDの原因は不安!?

最近、EDの男性が日本では増えているみたいですね。結構若年層にも多いそうです。EDになる男性って、イコール高齢というイメージがありましたけど、今はそれも違うんですね。でも、若年層にEDが多いって…後々の日本の出生率大丈夫なのでしょうか?まぁいざという時は不妊治療も使えますけど。

でも、EDの原因って実は結構単純なんですよね。大体は、疲労か不安。まぁ稀に前立腺肥大症のせいという時もあるそうですが、そういうのは高齢の男性がほとんどみたいです。でも、疲労はともかく、不安って言うのは簡単ですけど、結構取り除くのは難しそうですよね。そのため、一番有効な治療法はカウンセリングだそうです。確かに、カウンセリングを重ねれば、不安を和らげ最終的には除去することもできるとは思いますけど…結構時間かかりそうですね。それならバイアグラとかに頼った方が良いと思いますけど、効果は一時的なんですよね。妊娠のためなら薬でも良いと思いますけど、性交渉楽しむためとかならやっぱりカウンセリングの方が良いのでしょうか?

ED治療薬を病院で処方してもらうと…

ED治療って保険適用外なんですね。EDは、勃起不全症という立派な病名っぽいのがついていたので、てっきり普通に病気として保険内で治療できるものだとばかり思っていました。でもこの病気って、行く行くは日本の将来の出生率とかにもかかわってきますから、やっぱり保険適用内にした方が良いと思うのですが。

とにかく、今は保険が適用されないため、日本の病院で治療を受けるとなると、ものすごく薬代が高くなるそうです。実際とある病院の一例を見てみたのですが、確かに高かったです。バイアグラは1錠1,500円、レビトラやシリアスに至っては2,000円とかしてました。1錠につきこの値段はちょっと、というか、かなり経済的には優しくないですね。それでも需要ってあるのでしょうか?こんなことなら、多少偽物掴まされるリスクはありますが、個人輸入で安く購入した方がずっと良いと思います。多分そっちで買うと値段、1錠につきなら10分の1以下とかになるのではないでしょうか?とにかく日本でのこの値段は高すぎです。

ED治療は保険適用外!?

日本で保険適用外の治療って地味によくありますよね。まず未承認薬使えば適用外になるし。後は美容整形系ですかね。整形とか歯列矯正とか薄毛治療とか。でも、その中にED治療まで入っていたのには驚きました。

保険適用外になるのって、大半が美容目的の治療と聞いていましたが、ED治療ってどう考えてもその部類じゃないじゃないですか。下手すると日本の未来にまでかかわる問題ですよ。出生率問題に直結してるんですよ。なのになぜ保険が効かないのでしょうか?とにかくそのせいで、日本の病院でED治療薬を処方してもらうと、1錠につき1,000円どころか2,000円近くとられることになるみたいです。1錠につき2,000円って、何処の高級薬ですか、簡単に万単位の額いくじゃないですか。ちょっとこれはどうかと思います。確かに、国内の病院でもらった薬の方が安心できるかもしれませんが、ここまで高いと多少危険でも私なら海外からの通販に頼ってしまいそうです。

ED治療には2種類あるけど…

ED治療って、日本の病院でするとなると泌尿器科だそうですね(ED専門のクリニックもあるにはあるそうですが、大分少ないみたいです)。なんだかちょっとイメージ繋がりにくいですけど、考えてみると泌尿器科くらいしか思いつかないのも事実ですよね、部位的に。

それでも、あまりED治療で病院を頼るという人はまだまだ日本では少ないそうです。まぁ病院での治療はカウンセリングが主みたいですから、色々話さなくちゃいけないことを考えると、確かに勇気はいりますよね。そのため、結構な割合で、自分で海外からED治療薬を個人輸入している人がいるそうです。日本ではED治療自体保険が適用されないみたいですから、それならこっちの方が経済的ですよね。それに、カウンセリングってまずいちいち病院に行かなくちゃいけないし、一定の時間もかけなくちゃいけないですから、やっぱり仕事持っている人は難しいと思いますし。まぁこれで、ED治療に保険が適用されるようになればまだ変わると思いますが。

中国では漢方がED治療薬に

中国の薬と言えば、なんか何でも漢方使われているイメージがあります。日本にも中国漢方を使った薬とか薬局で見ますけど、いまいち買う勇気は湧かないんですよね。漢方ってそもそも馴染みの無いものだし、使われている材料(漢方)の見た目もお世辞にも綺麗に言えないものが多いので。

ちなみに、中国では漢方がED治療薬としても使われているそうです。よくあるのしては、血の巡りをよくする類のものみたいですが…ちょっとそれ関連で薬を飲んだ人が失神したり、すごい時には死亡するというトラブルも発生しているそうです。なんでも、血の巡りを下半身に集中させすぎるせいで、脳のほうに血がいかなくなってしまうのだとか。確かにそれだと、貧血で倒れることもあるかもしれませんね。でもそのトラブルって、用量守らずに飲んだからとかではいないのでしょうか?中国は確かに偽薬とか粗悪薬が多く出回っていますけど、多分一部のことを大げさに言われているだけのところもあると思うので、漢方ED治療薬のトラブルについてもそこのところを少しハッキリさせてほしいです。

牡蠣から作ったED治療薬!?

ED治療薬って今はバイアグラだけでなく、結構な種類が出回っているそうですね。まぁ日本では認可されていないのも多いので、出回っていると言っても薬局とかでではなく、日本向けの個人輸入サイトで、という感じですが。

しかし、海外だけでではなく、日本でもED治療薬というのは開発されているそうです。正確に言えば、サプリメントなのでしょうか?私が見たのは、ミルク牡蠣という牡蠣からできたサプリメントでした。牡蠣とED治療って全然イメージ結びつかないので最初は驚きましたが、牡蠣はED改善に良い亜鉛を食品の中ではトップクラスの量を含有しているらしく、それをサプリメントにして効率良く摂取できるようにしたのだとか。まぁ毎回牡蠣を一生懸命食べるよりはずっと楽ですよね。でも一体どうやって製造しているのでしょうか?あの牡蠣をゴリゴリペースト状になるまですり潰してこして丸めてるとか?もし飲む側になったら、原料が牡蠣ってことは知りたくないですね。

ダイエットはEDにも良いそうです

ダイエットをするとEDになるということが実しやかにネットでは囁かれているそうですが、それは実は嘘みたいです。もちろん、絶食ダイエットみたいにいきなり極端なダイエットに突入することで、慢性的な栄養失調になってEDも発症するということはあるそうですが、基本的にはダイエットはEDにも良いものみたいです。

まぁ肥満の場合だと、動脈硬化などで血管狭くなり、その分血流の巡りが悪くなりますからね。それだと、ダイエットイコールEDという方式がなぜこうまでも囁かれるようになったのかは不思議ですね。もしかすると、昔から「ウナギを食べると精力がつく」というのが土用の丑の日の度に言われていますから(実際ウナギには亜鉛が豊富で、ED改善にも効果的みたいです)、そこから高カロリーなものを食べると精力がつく、つまりはダイエットをすると逆に精力を失いEDになってしまう、と勘違いしてしまった人が多かったのかもしれませんね。

男性ホルモンが減るとEDに

女性で更年期障害ってありますけど、似たようなのが男性の場合もありえるそうですね。男性の場合は、テストステロンの分泌が減ってしまい、仕事力低下やうつ病、メタボリックになってしまうみたいです。確かに、女性の更年期障害とほぼ似ていますね。

ちなみに、その弊害の中にはEDも含まれているそうです。そのテストステロンって、性欲にも結構かかわっている男性ホルモンみたいですからね。ただ、この男性版更年期障害のちょっと怖い所は、下手をすると若年層でも陥るということ。なんでも、テストステロンは疲労の蓄積によっても分泌が減るらしく、ずっと激務に追われている同じようなことになってしまうのだそうです。ただでさえ日本人は働きすぎって言いますからね。つまり、女性の更年期障害はある一定の年齢になったら誰でも自然にやってくるといいますが、男性の更年期障害は個人の生活の仕方によってものすごく早くから起こる場合もあるということなんですね。これ、下手すると日本の未来の出生率にも関わってくる重大な問題かもしれませんね。

動脈硬化でEDに!?

男性って、加齢に伴って動脈硬化についてよく警告されるイメージがあります。メタボリックシンドロームという言葉が世間に浸透し始めたくらいからだったでしょうか?反面、女性であまり動脈硬化って聞かないような気がします。おそらく一定数女性でもなっている人はいると思いますが、やっぱり男性の方が圧倒的に多いのかもしれませんね。

ところで、その動脈硬化の一つの症状として、EDが挙げられているそうです。動脈硬化の症状と言えば、眩暈とか息切れとか動機くらいしかイメージなかったので、ちょっと意外でした。でも、動脈硬化ってつまりは血管が伸縮しにくくなって血液の循環が悪くなるってことですから、確かにそれが下半身まで及べばEDの症状も起こりそうですよね。そう考えると、血管って全身に張り巡らされているものですから、動脈硬化って怖いなぁって思います。体のどの部位に悪影響出てもおかしくないってことですから。私も女性だからって油断せず、動脈硬化には気を付けようと思います。

EDを専門に扱う病院があるそうですね

日本にはEDを専門に扱うクリニックもあるんですね。初めて知りました。というか、そういう場合、病院は何て名前を掲げているのでしょうか?「~EDクリニック」とかだとあまりにもあからさまですよね(絶対明るい内は患者さんだれも行けないと思います)。

まぁそれはともかく、日本ではED治療はまだ保険適用外と聞いていたので、専門クリニックがあるというのは結構意外でした。でも、別にそこに行ったからって保険適用になって治療費安くなるとかじゃないですからね。寧ろ、専門クリニックですから普通の泌尿器科より専門性の高い治療を受けることができる分、ますます料金が高くなるような気がします。でも、そんな専門クリニックできるくらい需要が高まっているなら、早く日本でもED治療が保険適用になれば良いのに、と思います。それなら料金も安くなって、誰でも治療を受けれるようになるのに…まぁ専門クリニックにとっての儲けは思い切り減るかもしれませんけどね。